1. トップページ
  2. メニュー / 料金・カラーのこだわり

カラーのこだわり



ホームカラーとサロンカラーの違い知ってますか?


皆さんはホームカラーとサロンカラー、どのように違うか、知っていますか?
価格の違いはもちろん、リーズナブルで手軽にできるホームカラーですが、
1度は失敗を経験された事がある方が多いのではないでしょうか?

”思い通りに仕上がらない”
”まばらに染まってしまった”
”髪が傷んだ”

など、ホームカラーにはたくさんのリスクがあります。
実はホームカラーはサロンカラーの”約5倍”傷むと言われているんです!!

その理由として、まず薬剤の違いです。
ホームカラーは誰でも簡単に染められるよう強い薬剤を使用しているので、
髪の表面のキューティクルを削り、薬剤を入れ込む部分である”ケラチンたんぱく質”が流出し、
これが退色やパサつき、ダメージの原因になります。

一方、サロンカラーはお客様の髪の履歴、ダメージ具合、毛質などに合わせ、
その時のお客様の髪の状態に合った薬剤を選定・調合し、必要最低限のダメージで染めています。


染めながら補修!! ドクターカラー


カラーのこだわり

これだけでもワンランク上のカラーリングですが、
Luz【ルース】ではさらにもうワンランク上の”染めながら髪の栄養補給もできるドクターカラー”を提供しています!!

本来、カラー=傷むというイメージをお持ちの方も多く、
実際、サロンカラーでも繰り返しカラーをしていれば少なからず傷んでしまうというのが現状でした。
しかし、その現状をくつがえすのが、Luz【ルース】オリジナル”ドクターカラー”です!!

では、ドクターカラーとはどんなものか?
簡単に説明すると、カラー剤に髪と同じ成分を調合して染めるだけ!!
時間やお金のかかるようなトリートメントはいっさい行いません!!
この髪と同じ成分である”ケラチン”が最大のポイントです!!
ケラチンとは、髪の内部にある成分で、カラー剤を入れ込んだり、
ハリやコシを出してくれる大事な部分でもあります。

皆さんが普段行っているトリートメントや美容室で行っている集中トリートメントのようなものも
”髪をなおすもの”と思っている方も多いと思いますが、実際はトリートメントでも傷みます!!
このようなトリートメントはもちろん内部も補修してくれるのですが、補修するために無理やり開いて、
栄養分を入れ込み、その開いた部分を外側からコーティングしてしまいます。
そのため、トリートメントをした時は手触りもよく、なおったように感じますが、
毎日シャンプーをしていればそのコーディングもはがれ落ち、元に戻るだけでなく、
それ以上に傷んでいる場合もあるので、一時的なものにすぎません。

そこで出たのが、ケラチンです。
このケラチンとカラーを調合して染めることで、
傷んでなくなってしまったケラチンを補給しながらなおかつカラーもでき、
皆さんが求めている”ハリ・コシ・ツヤ”のある
綺麗な髪を手に入れることができます!!

トリートメント

今までとは一味ちがった最上級の”ドクターカラー”、ぜひ体験しませんか?


カラーのこだわり